スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユル~くスタート 『カフェをつなぐユルいネットワーク』

rogo_03[1]

実は水面下で着々と準備を進めてきました。

きっかけは北山と烏丸新風館の中にあるCafe Salon
デザイン会社TPOカンパニー田井社長との出会い。

始まりはツイッターです。
「ご近所カフェ同士でなにかコラボしませんか?」
「やろうやろう!!」
「カフェの文化祭なんかどうですかね?」
「どうせなら色んなカフェが集まって出来たらオモシロそう!!」

ってなやり取りをしてたんです。
そこまで話盛り上がっちゃうと、もう後には引けません。
というか田井社長も私も本気になってしまって、
もう完全にプロジェクトとなってしまいました。
互いに少ない時間を調整しながらミーティングを重ね、
ついにユルやかながらもスタートに漕ぎ着けたという次第です。

で!何をするのかというと

bunkasai_03[1]

地域の制限なく、あらゆるカフェがユルくネットワークで
つながって、同時に文化祭やっちゃいませんか?
という呼びかけです。

夢は日本中!いや世界中!のカフェで文化祭が開催されること。
私たちはきっと街のあちこちに楽しい何かがイッパイ起こると信じています。
ワクワクした気持ちで街に出かけたくなるイベント。

それが rogo_03[1] の目標です!

詳しいことはこちら

すでに期待の声や参加したいというお声を沢山いただいています!

沢山のカフェに参加してもらえるように
どんどん中身を充実していきたいと思ってます。

でも、歩みだしたこのイベントはまだまだ足りないことだらけ。
私たちの想いに共鳴していただける方のご協力をいただけるなら、
そんな嬉しいことはありません。

どうぞヨロシクお願いします!!
スポンサーサイト

ジンタさんですか?

時々聞かれるんです。
「ジンタさんなんですか?」

つまりお店の名前は私の「名前が"ジンタ"でそこからきてるのか?」
と訊ねられるんです。
昨夜も夜カフェしにお見えになった女性の方に聞かれました。

確かに、私のことを「ジンタさん」と呼ぶ方も、いらっしゃいます。
でも、私の名前ではないんですねぇ・・・。

ジンタとは・・・・
明治時代に映画や興行の宣伝演奏をしていた市中音楽隊のことです。
つまりチンドン屋さんのことです。
このジンタ・・・・百科事典でしらべると、英訳は【band】なんです。

これは私なりの解釈ですが、明治時代に入ってくる西洋文化とともに、
もたらされた洋楽器を手にした日本人による"バンド"のルーツだと
考えてます。しかもストリートミュージシャンのルーツでもあるのです。

私、ご存知の方も多いと思いますが、Blues大好きです。
ルーツミュージックを愛する一人として、日本のバンドの原点とも
いえるジンタに対する敬意を込めて、ジンタという名前を使わせてもらう
ことにしました。。
無音の街に音楽を流して活気をもたらしたジンタのように、
街の活気になりたいという想い。これがCafe Jintaの名前の由来です。

私の名前が小野仁士で、
幼少期のあだ名が「ジンタン」だったことは、偶然以外のなにものでも
ありません。(笑

Get iPad Campaign!!(6/8~7/29)

このところ本当に社会の変化の凄まじさを痛感しています。

ま、手をこまねいていても何にもならないので、
私なりにできることやってみようかなと思います。

烏丸に移転してきて1年半ほとんど企画モノはやって来なかった
Jintaですが、そろそろやっちゃおうかなぁ~って感じですね。

アイデアはイロイロあるんですが、大事にしたいのは
参加者が一緒になって楽しめるゲーム感覚。

というわけでこんな企画にしてみました!!

この企画、単に抽選イベントで終わらせるツモリはないです。

クライマックスの抽選会に向けて大いに盛り上がるような企画にしていこうと思います。

抽選会は通常営業はお休みして「サイコロ抽選会」をやりますよ。
でも、決まっていることはそれだけ、この抽選会に沢山の人がアイデアを出してくれて
より楽しいイベントになればいいなぁと思ってます。

抽選会場でライブ演奏なんかあったりしてもいいし、
どんなサイコロ使おうかツイッターでアイデアを募集したりするのも面白いし、
抽選の模様をユーストリームに乗せられたりしたら面白いかもしれない・・・。
とまぁ、抽選会についてはまだ全然決めてなくて、広くそれを楽しむ人たちを
集めてやってみたいと思ってます。

単なる抽選会、単なるゲーム、だからみんなでアイデア出し合って
楽しいイベントにしちゃったりできるんじゃないかな?って思ってます。

まずは、乞うご期待!!ってところですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。