スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おにかいアンダーグラウンド part.2

おにかいアンダーグラウンド

昨年の京都CFにJintaが掲載されたときのキャッチコピー。
この表現がとても気に入ってます。

というわけで、アンダーグラウンドにどんどん潜行していく
私の音楽趣味紀行ブログ続編です。

18歳の時にはまってしまったBlues。。。
この音楽の凄いところ。
SimpleでFreeでOpenなんですよね~。
まるで今流行のTwitterのよう。

Simple : 基本形は12小節3コードというシンプルなフォーマット。
Free : シンプルなフォーマットゆえ表現できるアイデアは自由で無限大。
Open : 誰もがセッションを楽しむことができるオープンマインド。

なるほど、これがRootsミュージックのルーツたる所以なのですね。

理屈っぽいこと書きましたが、これスゴイポイントなんです。
ハードロックのギターフレーズを一生懸命コピーした高校生時代。
ブルースはそんなギターキッズを寛容に受け入れちゃったんです。

とってもシンプルなコード進行に、自分が一生懸命覚えたフレーズを
キーをあわせて弾いてみると。。。。
なんと不思議なことに、音楽的な魅力は抜きにして、とりあえず
音が合うんです。
とりあえずマディーウォータース垂れ流しにして、キーだけあわせて
自分が弾けるフレーズをひたすら弾いてみる。
ん?なんかイカしてるわけではないが、音が合うじゃないか?
これがアドリブ演奏なのか?
これがジャムセッションというやつなのか?

そんなことを思ったか思わないか忘れちゃったが、ブルースの深い懐の中で
私は無心にギターを弾いたもんです。
あぁ、今思えば、あの懐はおかあちゃんの腹の中の羊水のようでもあったかも
しれない。
などというのはどうでもいい想像。
高校三年生の受験真っ只中、勉強の合間合間にギターを手にとってはズーっと
一人ブルースセッション三昧。
だけど、マディー1枚じゃすぐ飽きちゃいます。
レンタルレコード屋を片っ端から借りるにも、前の日記に書いたように
ブルースは3枚だけ。
高校の同じクラスにいた、ビートルズ好きのN君がなんか持ってそうなので
聞いてみると1枚貸してくれた。
そのアルバムはオムニバスで、確かそのアルバムがBBキングと
ジョンリーフッカーとエルモアジェイムスを私に教えて教えてくれました。
考えてみたら、このオムニバス凄いチョイスです。
入門編に相応しい。

で、まったくブルースド素人の私に一番響いたのは・・・。
ジョンリーフッカーです!(この辺がいかにもハードロックから入った感じ笑)
多分普通はBBなんだと思う。
だけど、変てこな入り方をした私はBBの名盤「Live at the REGAL」も良さが
わかるのに5年以上かかった。(笑

さて、こうしてN君の協力のおかげで更にブルースの奥地へと進んでいく
様相であったのです。

今日はここまでにしようかな。
(それにしてもこのブログだけは誰が読んでもつまらないだろうな・・・笑)
スポンサーサイト

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://jinmas.blog2.fc2.com/tb.php/31-20b508c4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。