スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常識は常識ではないのではないか?

先日ウチの奥さんがジュニアを連れて私の実家に里帰りした。

私抜きで私の実家に泊まるのは初めて。
それも一週間。

忙しい私に代わってしてくれた親孝行。
枕が変わると寝られなくなる人だけに、なれない生活に
寝不足の日々だったようだ。

話を聞いていて思ったのは、人其々・常識も其々なもんだなと。
私にとって普通だったことが奥さんにとっては戸惑うことも
いろいろあったようだ。

他と交わった時に自分の常識と他人の常識の違いに気付く。
交わらなければ気付かない。
改める必要があるかどうかではなく、気付けることが大切なんだと思う。
気付いて他人の常識も尊重できることが大事なんだと思う。

交わることを恐れた時、人を尊重することの大切を忘れてしまうだろう。

土曜日の日経新聞の一面に、日本の常識は世界で通用しないことを
書いていた。
鎖国島国日本の大きな課題だね。

あぁ、やっぱり英会話・・・・。

誤解ないように補足しますが、奥さん戸惑いながらも充実した一週間だったようです。

越えたい壁

いくつになっても目の前に壁です(笑

ハードルというより壁。
まぁ、目標とも置き換えられるわけですが。

壁っていうのは、背伸びや裏技では絶対に越えられるもんじゃないですね。
自己を磨いてチャレンジして、失敗して何であかんのか考えて修正して
またやってみて、その繰り返し。
そんなことを繰り返すウチに実力や体力が上がってきて、
あるときヒョイっと越えられるんですよね。
焦ってはあきませんな。

多分これが世の道理なんだろうと思う。

だけど、なんだか今の日本は棚ボタ・まぐれ・裏技・奇跡的な成功や
さもそれを実現します的なサービスが溢れ返っていますな。

日本自体が敗戦のどん底から今に至った過程がそうであるからなのか・・・。
朝鮮特需・高度経済成長・バブル景気・ITバブル・・・・。

そろそろ気付かないといけないんじゃないか。
そんな成長、自然ではありえんこと。

実力・体力つけんといかんですな。

元気があれば・・・

「元気があれば何でもできる!」ってのは猪木さんの言葉。

いい言葉だなと思う。

自分の可能性は未知数であると思うことって大事。

だって実際そうだ。
その気になればどんなことにも取り組める。
考えるべきは、どこまでできるかじゃなく、
どこまでやるのか。
あとはそれに向かってやるべきことを決めて取り組む。
これだけやもんね。

自分の可能性を信じなくなったとき、
人間の成長は鈍化するのだろう。

今、日本は日本の可能性を信じてるだろうか?

イングリッシュ

もう最後のチャンスかもしれない。
年も年だし・・・。

英会話のことです。

Jintaは結構外国のお客さんがいらっしゃいます。

単語コミュニケーションで業務に支障はないのですが、
せっかく英語話せるチャンスなんだし、もっと話たいと
いつも思う。

一応、大学時代にちょこっと英会話勉強したし、
何度もアメリカ行ってるし、最近はもっぱら減ったが、
英語の歌を歌ってるし、それなりに会話したいのだ。

なのに、まったくダメ。ぜんぜんダメダメ。
くやしいなぁ。

ヒアリングもおぼつかなくなってるのは、これ、年の
せいなのか・・・。

基礎的な熟語とか当たり前に覚えてたことが
出てこないんだもんなぁ。

あぁ、このブログかいてたら、英語の勉強したくなってきた。

おし、ちょっとカフェワークの合間に勉強してみっかな!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。